心臓発作で妊婦死亡 → やむなく遺体から赤ん坊を摘出 → 妊婦なぜか蘇生 → 母子ともに健在 : 2ch政治経済とかまとめ <-グーグル->
Subscribe with livedoor Reader Powered By 画RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心臓発作で妊婦死亡 → やむなく遺体から赤ん坊を摘出 → 妊婦なぜか蘇生 → 母子ともに健在

http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news/1369494794/

1 名前: スノーシュー(新疆ウイグル自治区)[] 投稿日:2013/05/26(日) 00:13:14.04 ID:7dcBRYkR0 [1/2] ?PLT(12201) ポイント特典
sssp://img.2ch.net/ico/anime_chinpoppo01.gif
死亡と判断された米国女性が赤ちゃんを出産 その後、蘇生
ttp://www.cnn.co.jp/fringe/35032537.html

米テキサス州ミズーリシティーで心臓疾患に突じょ襲われ、
医学的に一時死亡と判断された妊娠中の32歳女性が、
緊急の帝王切開で女の子を出産した後、蘇生を果たす出来事がこのほどあった。



女性のエリカ・ナイグレリさんは約2週間、集中治療を受けたものの、
夫のネイサン氏によると現在は健康状態を完全に取り戻した。
愛児エレイナちゃんの現在の体重は約3.7キロで、
酸素吸入装置を必要とし治療も続くが、今後の健やかな成長に問題はないとしている。
(中略)
救急医療班が到着し、エリカさんを診断したところ脈拍がなく、
心機能の活動停止が見つかった。病院へ即座に搬送し、
医学的には死亡と判断される状態だったが緊急の帝王切開に踏み切り、
エレイナちゃんが誕生した。
この後、医師がエリカさんの治療を再度試みたところ、心機能が復活したという。



> 医者が「赤ちゃんが生まれた。病院内にいるよ」と語りかけたのも記憶にあった。
良い話だけど、これって医学的に死んでいる間の記憶なわけですが…


7: アメリカンショートヘア(山陽地方) 2013/05/26(日) 00:25:34.19 ID:1UQHUwjSO

>>1神が与えた命だ大事にしろ


22: サバトラ(家) 2013/05/26(日) 01:12:32.66 ID:J3SYGWpB0

>>1
妊婦が蘇生した後に医者がそう語りかけたのでは?


24: 黒(神奈川県) 2013/05/26(日) 01:44:06.18 ID:YEu3x/EZ0

>>1
死亡判断ミスなだけ


41: マンクス(長野県) 2013/05/26(日) 04:39:30.54 ID:8lEOwtyi0

>>1
死んでもしばらくは周りの声聞こえるらしい


6: ヒョウ(関東・甲信越) 2013/05/26(日) 00:24:23.04 ID:wy9GqlIy0

心臓にショック与えたいけど胎内のガキがヤバいから出来なかった
致し方なくガキ摘出してからショック与えてみたってとこか?


19: コラット(兵庫県) 2013/05/26(日) 00:50:16.03 ID:NVJqoD6G0

>>6
なるほどそういうことかー


12: バーマン(dion軍) 2013/05/26(日) 00:40:07.91 ID:gdPD5anI0

お母さんはお前が生まれた時に死んだけど、その後生き返ったんだよ


13: ヒマラヤン(やわらか銀行) 2013/05/26(日) 00:41:47.88 ID:zSwfEoSR0

死体の腹割くのに麻酔しないよな
ってことは蘇生したときかなり痛かったんじゃないのか


17: パンパスネコ(東京都) 2013/05/26(日) 00:47:04.34 ID:v+E+vJFJ0

>>13
ぎゃあああああああ


28: セルカークレックス(東京都) 2013/05/26(日) 01:54:07.64 ID:CTFsV6BI0

>>13
そのときはきっとまだ死んでたんだよ…よ…

でも蘇生した時も麻酔が効いてないとしたらおそろしいな


37: マヌルネコ(WiMAX) 2013/05/26(日) 04:34:52.14 ID:jmSmct8NP

>>13
その刺激で蘇生したとも考えられる


57: ジョフロイネコ(dion軍) 2013/05/26(日) 07:00:14.74 ID:fFUHLOuT0

>>13
脳死でも麻酔掛けないと仰け反ったり、腕が動いたりするから麻酔するとかなんとか聞いた。


14: アンデスネコ(西日本) 2013/05/26(日) 00:43:19.06 ID:rORZmpvI0

人体の神秘、いや人体の驚異だな。


20: コドコド(新疆ウイグル自治区) 2013/05/26(日) 00:50:30.47 ID:hVIdUbhk0

仮死出産か
今後出産方法としてはやるかもな


23: マヌルネコ(dion軍) 2013/05/26(日) 01:42:14.13 ID:6jCh4bG5P

「この子の母親は、この子を産んだ時亡くなったのです」
「そうだったんですか…お気の毒に…」
「ほら、あそこに水色のシャツを着た女性が見えますよね」
「ええ、見えますね」
「あれがその母親です」
「&#x2049;」


29: スナドリネコ(岡山県) 2013/05/26(日) 01:55:42.03 ID:5oOONjxA0

3.7って結構でかいな


30: ターキッシュバン(大阪府) 2013/05/26(日) 01:59:10.25 ID:QlGHSQM40

死んでるかどうかなんて本当は医者でもわからん
ただ生きている徴候が見られないから死んでいると決めてるだけ


31: カナダオオヤマネコ(兵庫県) 2013/05/26(日) 02:09:39.74 ID:tGgYlfT60

脳が死んでなかったから記憶あるって話じゃないの?


32: オシキャット(dion軍) 2013/05/26(日) 02:11:24.30 ID:BIvfyuu/0

自分の子に即転生を試みたけど追い返された


35: ライオン(やわらか銀行) 2013/05/26(日) 03:34:32.67 ID:UT0zZFZSP

あっちって内臓取りたいがために簡単に死亡判定してそうで嫌だな


42: ターキッシュアンゴラ(dion軍) 2013/05/26(日) 04:45:15.22 ID:UHz0+fDq0

ただ単に電気ショック使えなかっただけっぽいけど死んでる時って声聞こえるのかな
心臓が止まってもすぐ死なないだろうから少しは聞けるのかな


44: ピクシーボブ(東日本) 2013/05/26(日) 05:06:41.62 ID:UkDGaKkG0

死にかけたことあるけど
心臓止まる前に耳なんて聞こえなくなるよ


45: マンクス(長野県) 2013/05/26(日) 05:11:52.84 ID:8lEOwtyi0

>>44
そうなんか
しかし何があって死にかけた…?


47: アフリカゴールデンキャット(dion軍) 2013/05/26(日) 05:45:03.07 ID:SZHoEsoy0

これキリスト超えたろ


48: サーバル(新疆ウイグル自治区) 2013/05/26(日) 05:49:47.87 ID:c90JrNLg0

子供って絶えず母体を攻撃するエイリアンのようなものって聞いたことがある

摘出したことで本来の体力と機能を取り戻したんじゃないか


50: サバトラ(関西・東海) 2013/05/26(日) 05:55:10.27 ID:4V11IBjdO

最近の研究で、心臓とか脳が活動を停止しても、すべての細胞が酸素を失うまでは
意識は存続してることが解っている。
生と死の狭間から戻ってきた人の多くは、脳波が停止していたときの
記憶があって、それらは非常に正確なんだって

【脳】「脳波停止の後でも数時間は意識が存続する」-蘇生医療の最前線
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1368367966/


52: パンパスネコ(東京都) 2013/05/26(日) 05:57:45.86 ID:v+E+vJFJ0

>>50
ぎゃーーーー死人に口無し・・・


58: バリニーズ(鹿児島県) 2013/05/26(日) 07:15:37.65 ID:4RgeD6Z70

天国と地獄の抗争の始まりである


26: アメリカンワイヤーヘア(九州地方) 2013/05/26(日) 01:48:24.93 ID:m8ux1BAPO

アンビリバボーで放送されるのはいつですか?


関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

最新記事
プロフィール

マスター東

Author:マスター東
アジアネタは関係国の仕様上大抵ギャグみたいなお笑いネタになります
食い物ネタが好き

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
メールフォーム

相互リンクとRSS募集中です、よろしければ両方登録してからおねがいします

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
にほんブログ村 政治ブログ 世相批評へ